カタログセット無料プレゼント中

メニューを開く

デザイナーズコラムcolumn

2022/09/16

輸入住宅の設計-リビング階段・吹き抜けのデメリットと対策-

輸入住宅の設計-リビング階段・吹き抜けのデメリットと対策- 画像

千葉市緑区で輸入住宅を建てているブルースホームです。

輸入住宅といえば、「外装、内装の設計・間取り決め」を楽しみにする方が多いのではないでしょうか。
その中にも、ロフトや吹き抜け、リビング階段を考えている方もいらっしゃると思います。
今回は、リビング階段・吹き抜けのデメリットと対策をご紹介します。

■おしゃれなリビング階段にもデメリットがある!

リビング階段や吹き抜けには、デメリットもあります。
それは「温度調整が難しい」、「換気が難しい」ことです。
暖かい空気は上方に移動しやすいので、暖房をつけても階段などから暖気が逃げて行ってしまいます。

■温度調節対策・換気対策

・温度調節対策
ホットカーペットやこたつを使うのが良いでしょう。
ストーブや空調と違い、こたつやホットカーペットでは空気の流れに関係なく温かい環境を確保できます。

・換気対策
「換気扇・窓の配置」を専門家と相談するのが良いでしょう。
換気扇や窓の位置を調節して、換気しやすいように事前に設計しておくことが大切です。
後悔しないためにも、設計時に専門家と詳しく相談して配置を決定しましょう。

以上が、輸入住宅設計の際の「リビング階段・吹き抜けのデメリットと対策」についての解説でした。
注文住宅に興味のある方はJKホーム株式会社にご気軽にご連絡ください。

千葉市緑区で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで

https://brucehomebuilders.com/

Contact

理想のマイホームに一歩近づく

カタログセットプレゼント

多彩なデザインが見れるスタイルブック、
基本構造や住宅性能がわかる総合カタログなど
ブルースホーム最新情報とセットで
ご自宅へお送りします。

まずはここから! まずはここから!
TEL:043-306-7221
FREE 資料請求
カタログセット無料プレゼント中