カタログセット無料プレゼント中

メニューを開く

デザイナーズコラムcolumn

2022/06/13

輸入住宅で温かい冬を過ごす!! 壁の中に潜む温かさの秘密とは!!

輸入住宅で温かい冬を過ごす!! 壁の中に潜む温かさの秘密とは!! 画像

愛知県半田市で輸入住宅を建てているブルースホームです。

冬の寒さは家の中でも辛いですよね。
風を防ぐことはできますが、それでも寒いものは寒いです。

その辛さを少しでも解消するために、輸入住宅を検討してみてはいかがでしょうか。
輸入住宅には、壁の中に温かさを保つ秘密があるため、冬の寒さを軽減してくれますよ。
では、早速、その理由を見ていきましょう。

【壁に潜む断熱材】

輸入住宅では2×4工法などにおける面構造によって、箱のような状態が形成されています。
そのため、外の寒さを家の中に入れず、家の中の温かさを保てる、高い気密性や断熱性が実現されているのです。

しかし、温かさの秘密はそれだけではありません。
一部の2×4工法や木質パネル工法では、あらかじめ断熱材を組みこんだ壁を用意して、現場で組み立てる事もあります。

あらかじめ断熱材を壁の中に入れられれば、現場で断熱材を壁に入れるよりも気密性と断熱性が高まるのです。
輸入住宅を建てられる際は、断熱材の入れ方をメーカーに問い合わせておくとさらに安心ですね。

今回は、輸入住宅の壁に潜む温かさの秘密をご説明しました。
日本の住宅ではできないような設計、工夫も輸入住宅なら叶えられるかもしれませんね。
様々な方法で輸入住宅の壁に快適な冬を過ごさせてもらいましょう。


愛知県半田市で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで

https://brucehomebuilders.com/

Contact

理想のマイホームに一歩近づく

カタログセットプレゼント

多彩なデザインが見れるスタイルブック、
基本構造や住宅性能がわかる総合カタログなど
ブルースホーム最新情報とセットで
ご自宅へお送りします。

まずはここから! まずはここから!
TEL:043-306-7221
FREE 資料請求
カタログセット無料プレゼント中