カタログセット無料プレゼント中

メニューを開く

デザイナーズコラムcolumn

2021/04/08

集成材とは

集成材とは 画像

奈良県磯城郡田原本町で輸入住宅の施工を行っているブルースホームです。

新しい住まいを購入したり、注文住宅でこれから家づくりを考えていこうという方もいらっしゃるでしょう。

住まいを造る木材は、大きく分けて集成材と無垢材に分けられるのです。

では、この集成材とは一体どういったものなのでしょうか。

今回は、集成材についてご紹介します。

まず、集成材というのは、切った木を均一なサイズに整え、接着剤で必要な大きさに調節して使うという木材となっています。

このため、集成材にする木は余すことなく木を使うことができるので、一本の木から使える部分しか取り出さない無垢材に比べ、多くの柱や梁を製造することができるのです。

よって、集成材は無垢材より価格を抑えることができますし、小さく切った木材の特性を生かして、木材を組み合わせることで強度を高くすることもできると言われています。

一方、集成材の注意点としては、接着剤を使用していることから、接着剤の劣化とともに木がどんどん劣化してしまうということです。

特に紫外線などに当たると接着剤の劣化スピードは速くなってしまうので、木の耐久性で耐久年数が決まるのではなく、接着剤の耐久性が木材の寿命に大きく関わってきてしまいます。

また、接着剤を使用することから、シックハウス症候群などの住宅の病気にも注意が必要となります。

集成材の特徴、お分かりいただけたでしょうか。

次回のブログでは無垢材についてお話します。

奈良県磯城郡田原本町で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで

https://brucehomebuilders.com/

Contact

理想のマイホームに一歩近づく

カタログセットプレゼント

多彩なデザインが見れるスタイルブック、
基本構造や住宅性能がわかる総合カタログなど
ブルースホーム最新情報とセットで
ご自宅へお送りします。

まずはここから! まずはここから!
TEL:043-306-7221
FREE 資料請求
カタログセット無料プレゼント中